angoudama’s blog

ブログやってます。 田舎育ちから見た「移住や地方創世について」書くかもしれません。

批判という言葉、下から見るか?横から見るか?

 

 

皆さんは「批判」という言葉を日常生活で使いますか?

あの人から批判されたーとか、批判してくれーとか、そんな感じです。

なんでそんなこと聞くのかと言えばこんな記事を読んだのが始まりでした。

 

anond.hatelabo.jp

 

 

かなり反響があった記事のようでwitterのタイムラインをしばらく賑わせておりました。

 

 

 

・こんなに読まれているのはなぜ?

 この記事の発端となったのは、今井絵理子さんという女性議員が以下のようなtweetをしたことに始まります

 

 

 

この発言に対しネット上では議論を呼んでしました。

 

 

b.hatena.ne.jp

 

 

そして、その議論の内容そのものに対してこの投稿されたのが はてなの中高年は今井絵理子の発言を理解できない  であり、この記事もまた大きな反響を呼ぶことになったのです。

 

 

 

 

・記事の簡単な要約

さて、この記事の内容を簡単に説明すると

 

今井絵理子さんは学歴が高いとは言えないし、年齢で言えば若者文化に対してに親和性が高い

 

・最近の若者が使う「批判」の意味と、中高年インテリ層の使う「批判」の意味は違うのだ

 

という意味だと私は解釈しています。(元の記事も読んでみてください、面白いです)

 

 

 そして、さらに簡単に、色々な背景を取り除いて考えるならば

 

若者は「批判」に対してネガティブなイメージを持っているのではないか

 

と、いうのが記事の内容になります。

 

 

 

 

・批判という言葉はネガティブな意味を含むのか

 

さて、ここでもう一度考えて欲しいのですが、皆さんは「批判」という言葉をどのような場面で使いますか?

また、「批判」という言葉を使ったor使われたとき、どのような気持ちになりますか?

 

ちなみに私は「批判」という言葉を日常生活で使いませんが、「批判」という言葉を見たり聞いたりすると「ネガティブな印象」を受けます。若者だからですかね。

 

ただ、一つ思うのは、はてなの中高年は今井絵理子の発言を理解できない で言われているようなインテリ、つまりは高学歴や知識人であっても、それが若者である場合は批判という言葉に対してネガティブな印象を受けている可能性は十分にある、と思うのです。

 

 

 

と、いうよりも「批判」の持つ意味の二面性の、ニュアンスの違いを理解しているのではないでしょうか。

 

 

 

 

・もしかすると「学歴」という言葉にも2つの意味があるかも

 

上記した「批判」のお話とはまた違うかもしれませんが、「学歴」という言葉にも以下の2つの意味があるのではないでしょうか。

 

1 小・中・高・大・院という、どこまでの教育機関を出ているか、という意味 

 

2 Fランという言葉に代表されるような、偏差値的な意味合いを持つ「学歴」という意味

 

私の考えですが、1の意味は、それこそ1の意味そのままな方々である「高学歴」が使うイメージ。(さらに言うならば、大学進学率が近年ほど高くはなかった時代の方々)

対して2の意味はネットの世界 or 若者が大学による偏差値の違いを話すときに用いるイメージがあるます。

 

 

ちなみに私は2の意味としての「学歴」という言葉がしっくりきますね。やはり若者だからでしょうか。もしくはネットとの付き合いが長いことも関係しているのかもしれません。

 

 

 

・なぜここまで話題になったのか

恐らくですが、それは、この度の「批判」の発言をしたのが議員であったこと、そしてネット空間であったこと、それが関係しているのだと思います。

Twitterは若者文化のように見えて色々な年齢の方がいますし、所謂「インテリ」や「高学歴」と言った方もいるでしょう。

もし仮に、街頭演説などで「批判無き選挙、批判無き政治」という内容を話していたらどうなっていたでしょうか。

私の勝手な予想ですが、ここまで大きな話題にはならなかったのでは?と思ってしまいます。

 

ド田舎に移住すると草取りが大変かもね

 

f:id:angoudama:20170626233215j:plain

 

草取り、である。

 

さっそく話が横道に逸れるが、日本のように稲作が盛んな地域において草取りは重要な役割を担って来たはずである。

 

と、いうのも、日本の原風景とも言える里山は人と自然との線引きを明確にする必要がある。一見、自然と人とが共存しているように見える風景であっても、山仕事を無くして人は住むことができない。

 

ここでは棚田を例にあげる。棚田とは斜面にある稲作地のことであり、まるで階段のように田んぼが上から下へと連なっている。だんだん畑、と言えば伝わる人もいよう。

 

して、この棚田であるがただ米を育てるだけでは事足りない。棚田は山中にある場合が多く周りを雑木林に囲まれている。そのため、夏場など手入れを怠るとたちまち雑草が畦(あぜ)を飲み込む。そうすると害虫が稲に寄り付きやすくなり、結果として生産性が落ちてしまうのである。

棚田は百姓の手が入らなくなった途端に崩れ去ってしまうのだ。

 

 

 

話を元に戻そう。

今日のテーマは「草取り」であった。ただし「自宅の庭の草取り」である。

棚田は一切関係ない。

 

 

夏と言えば雑草、雑草と言えば夏

 

全く雨が降らないが梅雨であるらしい。この辺りでは一昨日ぐらいに激しい雨が降った。そして太陽サンサンである。

そのおかげか知らないが  間違いなくそのせいで庭の雑草がグングン伸びてきやがった。

 

成長期の子供を持つお親御さんも驚いてしまう成長っぷり。彼らに成長痛は無いのかな?

親戚の子供に会って「おっきくなったなぁ!」というレベルではない。

「久しぶり」という時間経過で雑草と対峙しようものなら奴らは家を飲み込みかねないいのだ。

 

 

ココが戦場じゃ

 

では、雑草殲滅戦が行われたバトルフィールドをご紹介しよう。

f:id:angoudama:20170626222718j:plain

(草取りが2/3終わった辺りで写真を撮ってないことに気が付いた。だからこんな写真しかない)

 

あらかた終わっている写真だが、当初は手前ギリギリまで雑草がひしめき合っていた。

てか一本残らず草を刈り取るから戦場ってよりも虐殺現場だよね。

 

 

 

武器はコイツのみ

 

のびのびと育った雑草を前に心もとない我が得物

f:id:angoudama:20170626223612j:plain

もっと良い道具はないのかと母屋まで探しに行ったが「お庭の草取り道具」はこれしかなかった。

ちなみに他の候補は「潮干狩り用のクワ」と「畑用のクワ」

 

 

 

草取りの極意、それは何も考えてはならない

 

刈れども刈れども雑草は減らず

f:id:angoudama:20170626224737j:plain

 

ちなみに「何も考えていけない」と言うのは本気で思考停止をしろって意味である。禅における悟りの話ではないし、草取りなどで悟ったら道元禅師もブチ切れ。

 

 

自然の昆虫たち

 

草取りをしているとステキな昆虫とエンカウントするよ!

 

 

 

          ↓  以下ムシ注意  ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死んだムカデ

f:id:angoudama:20170626225306j:plain

古来の民間医療にはムカデ油、というものが有るらしい。

生きたムカデを油に突っ込んで放置すると完成。ムカデ刺されに効く塗り薬になるとか。(あくまで聞いただけの話、試さないでね)

 

 

畑の守り神、ミミズ

f:id:angoudama:20170626225819j:plain

子供の頃は平気で触ってたのに、今では進んで触りたい存在ではなくなってしまった。

 

 

 

蟷螂の子供

f:id:angoudama:20170626230121j:plain

うーん、ちっちゃい!

数十匹いたからどこかに卵でもあったのかな。

ちなみに蟷螂の卵を見つけてもお家に持って帰っちゃだダメだぞ!孵化したら地獄絵図

、お兄さんとの約束だ!

 

 

 

なんとか終わりました

 

ムシたちを観察しつつ草取りしてたら終了。

お疲れでした。

f:id:angoudama:20170626230804j:plain

 

ポツポツと見える草も抜いているので後で回収。

 

 

 

コレが

f:id:angoudama:20170626222718j:plain

 

 

こんな感じに

f:id:angoudama:20170626231324j:plain

 

 

・・・・・・写真じゃ伝わりづらい。なんなら頑張りすらも。

 

 

取りあえず草取りをした私を褒めて欲しくて記事にしました。

それでは今日はこの辺で。田舎に移住を考えている方の参考になれば幸いです。

 

関連記事

angoudama.hatenablog.com

 

 

 

 

おまけ 私が命を奪った雑草共

f:id:angoudama:20170626231851j:plain

そのうち火あぶりにします。

 

「いかがでしたか?」という言葉を使ってるブログや記事が大嫌い

 

 

こんにちは、アンゴウ・ダマである。

 

今日のテーマはブログやハウツー記事で見かける「いかがでしたか?」という言葉が大っ嫌いだという話。

 

 

 

・そもそも「いかがでいたか?」とはなにか

 

「いかがでしたか?」という言葉を知らない人のために簡単に説明する。

取りあえずGoogle先生で「○○+選び方」とか「○○+オススメ」というキーワードで検索してみて欲しい。(○○の中の言葉が美容品や健康食品の類ならgood)

 

そして上から順に一つずつサイトを開いて記事を見てもらおう。

恐らく10記事中6記事ぐらいは「いかがでしたか?○○を○○する方法は分かっていただけましたか?」という言葉が含まれているはずだ。

 

それが「いかがでしたか?」という私が大っ嫌いな言葉。

 

 

・何がそんなに嫌いなのか

 

正直、何が嫌いなのか分からない。しかし嫌いなモノは嫌いなのだ。

というか何に対して「いかがでしたか?」と言っているのかもわからない。

 

もしかすると自分が書いた記事に自信がないのかもしれないが、それは記事を読んでいる人間にとっては関係のない話である。

 

 

・「いかがでしたか?」という馴れ馴れしい響きも嫌い

 

で、もう一つ嫌いな理由を上げるならば

「いかがでしたか?」と聞くと

「馴れ馴れしくすんるんじゃねーよ!」と思ってしまう。

書き手と読み手の距離が近い。なんなら書き手の吐息が当たるぐらい近いような気がする。

 

この感情に共感してくれる人は服屋に行って店員さんに話しかけられるのを嫌うタイプの人間、勝手にそう思っている。

 

 

・「いかがでしたか?」は「天の声」の出来損ない

 

変な例えしかできないが「いかがでしたか」という言葉に対し私は、小説や漫画で物語が終盤に差し掛かり、主人公がピンチというときに作者が地文やキャラとして作中に登場し主人公を助ける。といったような暴挙をしているような気持ちになる。

この、文字にしづらい気持ちが伝わるだろろうか。

 

物語の終わらせ方が思い付かねーから、作者登場して解決だ、みたいな。

もしくはヒロインのピンチに都合よく駆け付ける主人公とか。(かなりの都合主義の場合に限る)

 

 

・実は私も「いかがでしたか?」、使ってました

 

で、散々偉そうに書いてきたが私だが、実を言うと、

 

クラウドワークス受けた記事を書くときに

「いかがでしたか?」という文字を何度も使っていた。

 

恐らくこんな記事を書いたのは自分の未熟さを恥じてのことだと思う。

 

今では、いかがでしたか?」という文字は嫌いだが、この「いかがでしたか?」、は記事の〆に入るための言葉として大変便利なのだ。

 

どんなに内容が支離滅裂で、どんなにテーマに準じて記事が書けえていなかったとしても、「いかがでしたか?」という文字は強制的にその文章を終わらせる力を持っている。

印籠を取り出すことでどんな悪代官でも地面に伏せてしまうように。

 

故にライティング初心者はついつい使ってしまう言葉であるし、多用しすぎて文章を〆る力を鍛えることができないのも事実。

そして私が執筆した「いかがでしたか?」という言葉で文章を〆た記事がネットを漂っているのも事実。

 

最近は「いかがでしたか?」という言葉を使わなくても〆に向かえるようになったが、記事執筆ではもう二度と使わない。ここに宣言しよう。

 

田舎のムシキング事情、いっくぞー!カワセミハッグだぁ!!

おはようございます、アンゴウダ・ダマである。

 

朝起きたらクワガタムシが網戸に張り付いていた。

f:id:angoudama:20170624200956j:plain

 

↑コイツ。(カメラ取りに戻ったら壁に移動してました)

 

小ぶりではあるが、恐らくミヤマクワガタであっていると思う。(もし違ったらどなたか教えて欲しい)

クワガタに熱中していたのは少年時代、クワガタの見分け方を忘れかけてる。

 

 

ミヤマクワガタは標高の高い山に多いらしい

 

で、ちょっと気になって調べてみると、ミヤマクワガタは冷涼湿潤な環境を好むらしい。

 

で、私の自宅は標高300メーター位の山の上。夏場の気温は街中よりも2~3℃ぐらい涼しい。

 

確かに虫を追っかけ回していた少年時代を思い出すと、捕まえることができたクワガタムシというのは、いつもミヤマクワガタであったように思う。

 

 

ノコギリクワガタは低地が好きらしい

 

ところで、ミヤマクワガタと同じようにノコギリクワガタも有名なクワガタだろう。

 

どうやらノコギリクワガタミヤマクワガタとは真逆の環境を好むらしく、温暖湿潤

な場所に住み着くらしい。

 

確かに少年時代にノコギリクワガタを見た覚えは極端に少ない。

2~3回、目撃したか捕獲したぐらいだ。

 

ちなみにミヤマクワガタ」の「ミヤマ」を漢字にすると「深山」になるらしい。

なるほど、まさしくその名の通り、である。

 

夏休みにカブトムシを捕まえに行く。それだけでその日はテンションが上がりっぱなしだったなぁ、なんてことを思い出した朝でした。

 

 

 

 

【万策】岡山県にアニメスタジオがあるのはご存知?【つきました】

 

 

こんばんは、アンゴウ・ダマである。

 

今日は岡山県にあるアニメーション会社を紹介したい。その名も、

 

 

アスラフィルム

asurafilm.com

 

 と、言っても岡山県が本拠地というわけではなく、本社は東京にある。

 

アニメ制作の知識には明るくないが、どうやら「撮影*1や制作*2」を請け負っているらしい。

 

てか「SHIROBAKO」*3っていう作品を見たのにアニメ制作のことロクに覚えてねーです。

shirobako-anime.com

 

 

 

で、実を言うと私がこの会社の存在知ったのは一昨年ぐらいであった。

当時、個人的な興味から田舎の過疎化に関する本やブログを読み漁っていた時期であったように記憶している。

 

確か「岡山県 地域 過疎化 地方」などといったキーワードでGoogle検索したのだろうと思う。

 

 

・「地方にあるアニメーション会社」ってどっかで聞いたことありません?

 

岡山県の、しかもかなりの田舎にスタジオを建てると聞いたとき、私はP.A.WORKS というアニメーション会社を思い出した。この会社も富山県にスタジオを構えており、さきほど紹介した「SHIROBAKO」*4を手掛けたのがこの会社だ。

 

ところで、なぜ多くのアニメスタジオが東京にあるのに、あえて地方にアニメスタジオを作るのだろう。

私は東京で働いたことがないから、東京という土地が仕事面でどういったメリットを与えてくれるの分からない。

 

しかしながらアニメ制作のようなクリエイティブな仕事だと、人にすぐ会えるのは結構なメリットではないかと思ったりする。

 

だから私には地方にアニメスタジオを作る理由が分からなかった。

 

 

・アスラフィルムの社長さんいわく

 

で、その理由を調べているとアスラフィルムの社長さんがインタビューを受けている記事があった。

www.sanyonews.jp

 

社長さんの名前は 望月重孝さん と言うらしい。

で、この望月社長いわく地方にアニメスタジオを建てた理由は

 

・運営コスト面でのメリットがあること

・その土地の魅力を作品づくりに生かす

・世界に通用する地方発のアニメを作りたい

 

とのことらしい。

 

なるほど、運営コスト面でのメリットは大きいのかもしれない。

そしてネットさえあれば、ある程度の仕事が出来るのも関係しているだろう。

 

 

・こういった取り組みを受け入れる姿勢が地方にあるか

 

私はこういう取り組みを歓迎したい。なんたって嬉しいじゃないか。

もし自分の地元に惚れこんで、わざわざ東京から訪れてくれたのであれば尚更だ。

何よりこういったクリエイティブ系の企業を勧誘することは、地方における文化資本を高める要因にもなるだろうと考えている。(飛躍しすぎかもしれないが、そのうち記事にしたい)

 

そして、企業側にもメリットがあるのなら、なんら問題はないだろう。

 

 

が、問題は地方側がこういった企業の動きを敏感に察知し、対応できる人間がいるがいるのかという問題だ。

地方創世の云々の話になるが、移住したり、地方での事業を考えている人に対してどれだけ手を差し伸べられるか、という問題でもある。

もちろん「無償で手を差し伸べろ」と言っているのではなく、地方創世を考えるのであれば支援に対するリターンも考える必要もある。

 

だがはっきり言って、人情味や温かさを失った地方に価値はない、そう私は考えている。

(※ちなみにアスラフィルムのスタジオが建った「吉井地区(旧吉井町)」の活動を調べてみると、地元の人々の積極的な支援もあったようだ。)

 

 

・おわりに

かなり話が逸れた。

岡山県にあるアニメスタジオの紹介であったはずなのに地方云々の話になってしまった。でも書かずにはいられなかったし、私の考えを聞いて欲しかったのだ。

それではこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:キャラクターなどの動きのある絵と背景を合わせてり、画面の明るさを弄ったりするらしい。つまりちゃんと一連の動きを持った動画になるように処理する

*2:作画・色彩・編集など

*3:知られざるアニメ制作の裏側を描いたアニメ。2014年放送

*4:万策尽きたー