angoudama’s blog

ブログやってます。

バトルシップの放送自粛は一種の自意識過剰じゃないかな

こんばんは、アンゴウ・ダマです。

 

 

 

今週の金曜ロードSHOWで放送予定であった「バトルシップ」と放送中止になった。

 

引用 headlines.yahoo.co.jp

 

 

Twitterで情報が流れてきたので詳しく調べてみたところ、何でも6月17日に静岡県伊豆半島沖で起きた米イージス駆逐艦事故が関係しているらしい。

 

 

乗組員7人の死亡確認 米イージス艦居住区、一気に浸水 :日本経済新聞

 

情報をまとめると「米イージス駆逐艦事故を連想させるため、放送を自粛する」とのこと。

 

・・・・・・・

 

俺が どれだけ バトルシップを 楽しみにしていたかわかるか

 

 

 

これほど素晴らしい映画はないし、あれほど何も考えずに見れる映画は存在しない。

(逆に変に頭を使う映画は「リボルバー」、さらっとジェイソンステイサムが出演しているので是非見て欲しい^^きっと意味が分からないと思う)

 

恐らく「世界侵略 ロサンゼルス決戦」と並ぶ「U・S・A! U・S・A!」な映画であり、ピザとコーラーを準備して見るのが礼儀、むしろ真面目に見てはいけない。

 

 

バトルシップとはこんな映画だ!!

もっのすごく簡単に説明すると

 

 

世界14カ国の海軍がハワイで合同軍事演習をしてた

        ↓

なんか空からでっかい機械みたいなのが落ちて来た

        ↓

その機械がATフィールドみたいなバリアを海上周辺に貼った

        ↓

不幸にもそのバリア内に米海軍と海上自衛隊が閉じ込められた

        ↓

俺達であのでっかい機械みたいなのぶっ壊すぜ!ヒャッハー!

 

 

みたいな感じ。雑な説明だが大体あってる。

 

もっと詳しく知りたい方は見てみるといいさ

バトルシップ (字幕版)をAmazonビデオ-プライム・ビデオ

 

 

・ちょっと自粛しすぎじゃないですか

一先ずこの度の事故で亡くなられた7人の方のご冥福をお祈りしたい。事故の写真を見ると船体が押しつぶされており浸水で亡くなった方が多いと聞く。さぞ苦しかっただろうと思う。

 

だが私はこの事故を受けての「バトルシップ」の放送自粛には私は首をひねってしまう。何というか「過度の自粛」ではなかろうか。

 

恐らくテレビ局はスポンサーの顔色を窺っているのだろうし、スポンサーも客の顔色を窺っているのだろうが、その客としては「気にしすぎではないだろうか」とは思う。

まぁ、客の方もイメージや世間体といった自分の判断基準ではない尺度で企業を図っているのも悪いんだろうけど。

 

・過度な自粛は一種の自意識過剰じゃない?

今回言いたかったのはコレ。

過度な自粛だし、一種の自意識過剰、そう思っている。

もちろん今回の事故で亡くなった人を蔑ろにしているわけではないが、一方で気にしすぎではないかと思う。

 

そのうち記事にするつもりなので詳しくは書かないが、この過度な自粛の背景には「現代において死との距離が遠くなったからではないか」という考えを持っている。

もしくは先進国だからこそ、とかお国柄もあるんだろうけどね。