angoudama’s blog

兼業でライターをやっています。本業は自宅警備兵です。

田舎で外に洗濯物を干すと燻製にされます。

こんばんは、アンゴウ・ダマである。

 

今日は庭の草むしりをした。

「どうだ?草むしりをするだけの広々とした土地があるのだ」、と言いたいが田舎の人間が土地を持っているのは普通なこと。

 

てか有り余る土地は草刈りが大変。里山を守っていくためには必要なことではあるが正直めんどくさい。

 

 

それと夏場は夏草が恐ろしい速度で伸びるので、週一で草を刈るか草をバーニングさせる必要がある。

あっちでモクモク、こっちでモクモク、ご近所の家でもモクモクと煙が立ち上り、外に干した洗濯物はとってもスモーキー。アイラウイスキーもかくやと言われるほどのピィーティーさ。

でもそれはお互い様。仕方ないさ。

 

田舎に住むことを考えている方は洗濯物にスモーキーな臭いが付いても「お互い様」と言えるかどうか考えてみよう。

 

以上、標高300メートルにある里山からお送りしました。