angoudama’s blog

ブログやってます。 田舎育ちから見た「移住や地方創世について」書くかもしれません。

【万策】岡山県にアニメスタジオがあるのはご存知?【つきました】

 

 

こんばんは、アンゴウ・ダマである。

 

今日は岡山県にあるアニメーション会社を紹介したい。その名も、

 

 

アスラフィルム

asurafilm.com

 

 

 と、言っても岡山県が本拠地というわけではなく、本社は東京にある。

 

アニメ制作の知識には明るくないが、どうやら「撮影*1や制作*2」を請け負っているらしい。

 

てか「SHIROBAKO」*3っていう作品を見たのにアニメ制作のことロクに覚えてねーです。

shirobako-anime.com

 

 

 

で、実を言うと私がこの会社の存在知ったのは一昨年ぐらいであった。

当時、個人的な興味から田舎の過疎化に関する本やブログを読み漁っていた時期であったように記憶している。

 

確か「岡山県 地域 過疎化 地方」などといったキーワードでGoogle検索したのだろうと思う。

 

 

・「地方にあるアニメーション会社」ってどっかで聞いたことありません?

 

岡山県の、しかもかなりの田舎にスタジオを建てると聞いたとき、私はP.A.WORKS というアニメーション会社を思い出した。この会社も富山県にスタジオを構えており、さきほど紹介した「SHIROBAKO」*4を手掛けたのがこの会社だ。

 

ところで、なぜ多くのアニメスタジオが東京にあるのに、あえて地方にアニメスタジオを作るのだろう。

私は東京で働いたことがないから、東京という土地が仕事面でどういったメリットを与えてくれるの分からない。

 

しかしながらアニメ制作のようなクリエイティブな仕事だと、人にすぐ会えるのは結構なメリットではないかと思ったりする。

 

だから私には地方にアニメスタジオを作る理由が分からなかった。

 

 

・アスラフィルムの社長さんいわく

 

で、その理由を調べているとアスラフィルムの社長さんがインタビューを受けている記事があった。

www.sanyonews.jp

 

社長さんの名前は 望月重孝さん と言うらしい。

で、この望月社長いわく地方にアニメスタジオを建てた理由は

 

・運営コスト面でのメリットがあること

・その土地の魅力を作品づくりに生かす

・世界に通用する地方発のアニメを作りたい

 

とのことらしい。

 

なるほど、運営コスト面でのメリットは大きいのかもしれない。

そしてネットさえあれば、ある程度の仕事が出来るのも関係しているだろう。

 

 

・こういった取り組みを受け入れる姿勢が地方にあるか

 

私はこういう取り組みを歓迎したい。なんたって嬉しいじゃないか。

もし自分の地元に惚れこんで、わざわざ東京から訪れてくれたのであれば尚更だ。

何よりこういったクリエイティブ系の企業を勧誘することは、地方における文化資本を高める要因にもなるだろうと考えている。(飛躍しすぎかもしれないが、そのうち記事にしたい)

 

そして、企業側にもメリットがあるのなら、なんら問題はないだろう。

 

 

が、問題は地方側がこういった企業の動きを敏感に察知し、対応できる人間がいるがいるのかという問題だ。

地方創世の云々の話になるが、移住したり、地方での事業を考えている人に対してどれだけ手を差し伸べられるか、という問題でもある。

もちろん「無償で手を差し伸べろ」と言っているのではなく、地方創世を考えるのであれば支援に対するリターンも考える必要もある。

 

だがはっきり言って、人情味や温かさを失った地方に価値はない、そう私は考えている。

(※ちなみにアスラフィルムのスタジオが建った「吉井地区(旧吉井町)」の活動を調べてみると、地元の人々の積極的な支援もあったようだ。)

 

 

・おわりに

かなり話が逸れた。

岡山県にあるアニメスタジオの紹介であったはずなのに地方云々の話になってしまった。でも書かずにはいられなかったし、私の考えを聞いて欲しかったのだ。

それではこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:キャラクターなどの動きのある絵と背景を合わせてり、画面の明るさを弄ったりするらしい。つまりちゃんと一連の動きを持った動画になるように処理する

*2:作画・色彩・編集など

*3:知られざるアニメ制作の裏側を描いたアニメ。2014年放送

*4:万策尽きたー