angoudama’s blog

ブログやってます。 田舎育ちから見た「移住や地方創世について」書くかもしれません。

田舎のムシキング事情、いっくぞー!カワセミハッグだぁ!!

おはようございます、アンゴウダ・ダマである。

 

朝起きたらクワガタムシが網戸に張り付いていた。

 

f:id:angoudama:20170624200956j:plain

 

↑コイツ。(カメラ取りに戻ったら壁に移動してました)

 

小ぶりではあるが、恐らくミヤマクワガタであっていると思う。(もし違ったらどなたか教えて欲しい)

クワガタに熱中していたのは少年時代、クワガタの見分け方を忘れかけてる。

 

 

ミヤマクワガタは標高の高い山に多いらしい

 

で、ちょっと気になって調べてみると、ミヤマクワガタは冷涼湿潤な環境を好むらしい。

 

で、私の自宅は標高300メーター位の山の上。夏場の気温は街中よりも2~3℃ぐらい涼しい。

 

確かに虫を追っかけ回していた少年時代を思い出すと、捕まえることができたクワガタムシというのは、いつもミヤマクワガタであったように思う。

 

 

ノコギリクワガタは低地が好きらしい

 

ところで、ミヤマクワガタと同じようにノコギリクワガタも有名なクワガタだろう。

 

どうやらノコギリクワガタミヤマクワガタとは真逆の環境を好むらしく、温暖湿潤

な場所に住み着くらしい。

 

確かに少年時代にノコギリクワガタを見た覚えは極端に少ない。

2~3回、目撃したか捕獲したぐらいだ。

 

ちなみにミヤマクワガタ」の「ミヤマ」を漢字にすると「深山」になるらしい。

なるほど、まさしくその名の通り、である。

 

夏休みにカブトムシを捕まえに行く。それだけでその日はテンションが上がりっぱなしだったなぁ、なんてことを思い出した朝でした。